面接を受ける前に確認しておきたい「就職面接ノウハウ」

2019.11.01

img

面接を受ける前には、しっかりと準備をしておくことが大切です。
そこで今回は、「就職面接ノウハウ」をご紹介します。

面接の準備やマナーをおさらいして、就職面接にのぞみましょう。

■面接前の準備
▼企業研究・業界研究をしっかりとする
面接で自分をアピールするためには、企業研究・業界研究をするのが大切です。
「どうしてこの会社が良いのか」「どんなキャリアが描けるのか」しっかりと考えておきましょう。
「相手に興味を持つ」ことは、コミュニケーションの基本ですよね。
大切な時間を割いてくれた企業のためにも、企業研究・業界研究をしっかりとしましょう。
正社員NEXT事務局でお一人おひとりのご希望に沿ったマッチングを行うことにより、
入社後のミスマッチの軽減が可能です。

▼身だしなみや持ち物を整える
普段スーツを着用しないで仕事をする方も多いかもしれません。
直前になって慌てないためにも、スーツや鞄そして靴は一度着用してチェックをしておきましょう。
清潔感も大切なポイントなので、いつ面接が入っても良いように髪を切っておくことも大切です。

■面接時のマナー
▼遅刻やドタキャンはしないこと
電車の遅延などやむを得ない場合には、必ず担当者に電話をして謝罪をし指示を仰ぎましょう。
イレギュラーなことが起きても対応できるように、面接の前には1時間程度余裕を持って面接会場付近に足を運び、その時間で最終確認をするのがお勧めです。

▼受け答え
緊張すると早口になる方が多いですが、ゆっくりで良いのでハキハキと答えましょう。
細かいマナーに気を取られるあまり、受け答えがおろそかになってしまうのは本末転倒です。
背筋を伸ばし、相手の話をしっかりと聞くこと。
そして、正しく伝わるように配慮しながら答えることを大切にしましょう。

■おわりに
面接は、単に自分を知ってもらうだけではなく、企業の雰囲気や姿勢を知る貴重な機会でもあります。
就職・転職を成功させるためにも、面接の場を上手に活用して情報収集し、自分にマッチする企業を探しましょう。